購入前にリスク回避しよう

利用目的に合うか確認する

中古のiphoneを購入するルートは、販売店だけでなくネットオークションといった方法もあります。共通していることとして、中古のiphoneには本体を携帯電話として通常利用するために販売している商品と、部品取り専用品の2種類があることです。自分でiphone本体に手持ちのSIMカードを入れて使いたいのであれば、少なくともSIMロックの種類と赤ロムになる可能性有無については確認しておく必要があります。なぜなら、SIMロックの解除が必要かどうかは、購入前にすぐに確認出来る項目ですから、折角数万円出して購入するならば手間が掛からないiphone端末を購入した方が良いからです。また、赤ロムと呼ばれている状態になる可能性がある中古iphoneは、IMEI番号を携帯電話会社の公式サイトで入力して確認すれば誰でも簡単に把握出来ます。赤ロムとは、iphone本体購入時に分割払いで購入した残債を料金滞納により踏み倒した場合、携帯電話会社がiphoneとして動作しないようにロックが掛かった状態を指します。部品取り以外に使用出来なくなってしまうので、中古iphone本体をそのまま使いたいならば、少なくともIMEI番号検索により残債が無いことを確認してから購入することが望ましいです。中古のiphoneは、部品そのものにも高い価値があるので、価格が下がりにくい傾向にあります。平均的な相場を調べた上で、本体価格が極端に安い場合には、なぜ低価格で販売しているのか理由を確かめてから購入することが望ましいです。

有効に利用するなら

今や携帯電話はスマートフォンの時代ですが、スマートフォンにも多くの機種があります。そして、中でも圧倒的に人気があるのがiphoneで、新しいモデルも続々と登場しています。デザインもスタイリッシュでカッコよく、ブランドイメージも良く、さらに操作性も優れており若い世代から年配の人まで幅広く愛用されています。新しいiphoneはより軽量、薄型になっている、カメラの性能もアップしている、最新の機能が使えるということもあり、新しいモデルが出るたびに買い替えているという人も多いのではないでしょうか。そして、以前使っていたiphoneは使わずにそのまま片付けているということも少なくありません。スマートフォンはいつでも最新のものを選びたいという人も多いですが、その逆に最低限の機能さえあれば十分と考える人も多く、中古を選ぶ人も多いものです。中古のスマートフォンは新しいタイプのもの、人気の機種は買取でも良い価格がつくことが多いですが、特にiphoneは中古でも高額査定が期待できます。買取は中古の携帯電話買取専門店などで行われていますので、以前の機種を今後も使う予定がないのであれば、値段が下がらないうちに買い取ってもらうことがおすすめです。本体はもちろん、付属品などもそろっていれば、より高額な査定が期待できますので、査定してもらう際はできるだけ揃えておくことがおすすめです。データが残っている場合はバックアップも取っておき、消去もきちんと行っておきましょう。

旧世代の機種も買える

スマホ

スマートフォンは欲しいけれど、最新の機種ではなく、既に世間的に普及し、知識や使い方が浸透している、旧世代のiphoneが欲しい、と感じている方々もいるでしょう。キャリアの店頭に並ぶのは、基本的に現在の最新モデルとなります。そのため、旧世代のiphoneをゲットしようとしても、それを契約する事は出来ません。またスマートフォンに乗り換えたいけれど、初期投資が数万円以上、掛かるのが辛いと感じている人々もおそらく世間には多いはずです。そんな悩みを持つ方は、いわゆる中古のiphoneに注目してみましょう。中古車や古本や中古DVDなど、今では色々な製品のユーズド製品があります。リサイクルショップに行けば、状態の良い製品に出会えます。またiphoneはリサイクルショップでも特に人気がある機種です。コストパフォーマンスに優れた中古の物をゲットすれば、初期投資のコストを抑えられます。大幅にコストを抑えられるメリットに加え、中古のお店であれば、旧世代のスマートフォンも普通に並んでいます。最新機種よりもお得にゲットでき、また使い方や知識が世間一般でシェアされている旧世代の物であれば、初心者の方でも安心して使えるでしょう。中古のiphoneを購入する際には、動作保証がついているお店で購入しましょう。また、できるだけ新しい機種や使用年数が少ないものを選ぶと、バッテリーの劣化も少なく、修理をせずに長く使い続けられるでしょう。